ベートーヴェン:ロマンス 第1番 作品40 

指揮:クルト・マズア Kurt Masur
ヴァイオリン:ルノー・カピュソン Renaud Capuçon

ロマンス第1番ト長調 作品40は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンのヴァイオリンと管弦楽のための小曲。第2番ヘ長調と同様、小ロンド形式であるが、独奏楽器に重音奏法を求めるなど、技術的には高度である。しかし演奏が難しいわりには低音の旋律が華やかさを欠き、ヘ長調作品の方が有名である。

Andanteト長調。4分の4拍子。
弱起のH-G、C-Fisの各和音ではじまる。ニ長調・ホ短調の旋律的部分をはさみ、典雅なロンドが繰り返される。調性の選定はヴァイオリンの特性に配慮している。重音奏法が多い点から、管弦楽との組み合わせよりヴァイオリンソナタに編曲されて親しまれている。

ベートーヴェン:ロマンス 第1番

inserted by FC2 system