ベートーベン:交響曲 第8番 ヘ長調 作品93

指揮: オットー・クレンペラー Otto Klemperer
ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 New Philharmonia Orchestra London, 1970

交響曲第8番ヘ長調Op.93はルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが作曲した8番目の交響曲。 1814年2月27日、交響曲第7番などとともに初演。ベートーヴェンはこの第8番を気に入っていたのだが、聴衆からはあまりよい反応が得られず、そのことを彼は相当不満に思っていた。ベートーヴェンの交響曲の中では、1番や2番と同様に、小規模である。後期になって古典回帰を志向した作品として、その点で弦楽四重奏曲第16番と一致する。しかし、それらは古典的な形式に基づいているが、内容は明らかにロマン的かつ独創的である。
なお、ベートーヴェンの9曲の交響曲のうち、この曲だけがだれにも献呈されていない。

曲の構成

第1楽章 Allegro vivace e con brio 4分の3拍子 ヘ長調 
ソナタ形式(提示部反復指定あり)。序奏がなく、いきなり華やかなトゥッティで始められる。古典的な印象を受けるが、第2主題が3度調であるイ長調、かつワルツ調に提示されるなど、工夫が見られる。スフォルツァンドを多用し、ヘミオラでリズムを刻む展開部はベートーヴェンには珍しく手短にまとまっているが、その分非常に密度が濃くなっている。有名な第5交響曲の第1楽章第1主題と同じ「タタタタッ」の形をオクターブに跳躍させてリズムをとっているのが特徴的である。再現部では、トゥッティがfffで鳴り響く中で低弦が第1主題を再現するが、音のバランスをとるのが難しく、指揮者の腕の見せ所となっている。第1主題の動機で曲を締めくくるのは第9の第1楽章とおなじである。
第5番の第1楽章同様ほとんどの演奏例で提示部が反復されている。

第2楽章 Allegretto scherzando 4分の2拍子 変ロ長調 
展開部を欠くソナタ形式。ハイドンの『時計』交響曲の第2楽章と同様に、木管がリズムを刻む中、弦により歌唱的な主題が歌われる。愛らしい楽章である。この交響曲は同時初演となった交響曲第7番同様、緩徐楽章を欠いており、第2楽章を実質的なスケルツォとする解釈もある。展開部を欠いたソナタ形式で、メトロノームの考案者メルツェルに贈った『親愛なるメルツェル』というカノンの旋律を使って作曲している。

第3楽章 Tempo di Menuetto 4分の3拍子 ヘ長調
複合三部形式。ベートーヴェンが交響曲の楽章として用いた唯一のメヌエット。ただし導入部にアクセントが付けられていたり、宮廷舞曲というよりもレントラー風であったりするなど、ベートーヴェンの独創性も十分である。トリオにおけるチェロパートの伴奏は3連符だけでまとまっておりスケルツォ的である。トリオのホルンとクラリネットの牧歌風の旋律は、作曲当時ベートーヴェンが滞在していたカルルスバートの郵便馬車の信号をもとにしたと言われている。

第4楽章 Allegro vivace 2分の2拍子 ヘ長調
自由なロンド形式(A-B-A'-A-B-A"-C-A-B-Coda)。ソナタ形式と見ることもでき、実際そのように解説されている場合もある。その場合、曲のほぼ半分に相当する前半部は完全にソナタ形式であるので後半の半分すべてがコーダとなるが、ベートーヴェンの交響曲における最終楽章のコーダは執拗で長大化する傾向があるので、コーダに第2の再現部が入っているという入れ子構造、あるいは提示部が二度違う形で再現されるという(1回目の再現部はほぼ提示部の繰りかえし。2回目の再現部は他のベートーヴェンの再現部のように大幅に変奏されている)ロンド形式とソナタ形式の複合形式という見方もできる。6連符によるタタタタタタのリズムを特徴とし、強弱が激しく入れ替わる。終始6連符のリズムが保たれたままに展開される。楽器の演奏法ではティンパニとファゴットの1オクターブの跳躍が特徴的である。コーダは意表をつく転調によるパッセージが盛り込まれている。同じ和音を保持したまま楽器を次々に移り変わらせていく手法が使われている。

音楽の森 ベートーベン:交響曲第8番

inserted by FC2 system