ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第23番 作品57「熱情」"Appassionata"

ピアノ演奏: ヴァレンティーナ・リシッツァ Valentina Lisitsa

 

ベートーヴェンの32のピアノソナタの中における位置づけとしては、第21番(ヴァルトシュタイン)、第26番『告別』と並んでベートーヴェンの中期ピアノソナタを代表する作品とされ、また第8番『悲愴』・第14番(月光)と並んで、ベートーヴェンの三大ピアノソナタとされている。
ベートーヴェンの全作品中においても、燃えるような激しい感情と寸分の隙もない音楽的構成の一致から、最高傑作の中のひとつに数えられており、最も重要な作品のひとつとされる。
この曲は終楽章を短調で締めくくるものとしてはベートーヴェンのピアノソナタ中最後の一曲であり、この曲の完成以後、彼は四年もの間ピアノソナタを書かず、再着手後もついにこのような激情をあらわにした曲を作ることはなかった(この曲の後に書かれた短調のピアノソナタは第27番ホ短調と第32番ハ短調があるが、いずれも終楽章は長調で喜ばしく終止している)。このことから、第23番はベートーヴェンの闘争的な曲想のピークであり、かつ最終到達点と見なすことができる。
なお、「熱情」という通称は、ベートーヴェン自身がつけたものではない。後年ハンブルクの出版商クランツがピアノ連弾用の編曲版の出版に際してつけたものであるが、この通称は、この曲の雰囲気を的確に表したものだと言え、今日までそのまま通用している。

第1楽章 Allegro assaiヘ短調。8分の12拍子。ソナタ形式。
主題は5対1の鋭い付点リズムであり、いわゆる「運命」の動機と対になって繰り返される。後にシューベルトが幻想ソナタ(ピアノソナタ第18番ト長調)で引用している(こちらは更に鋭い11対1の付点リズムとなっている)。

第2楽章 Andante con moto - attacca変ニ長調。4分の2拍子。変奏曲形式。
穏やかな主題と、それにかなり忠実な三つの変奏の後、主題が回想され、唐突に強い減七の和音が打ち鳴らされ、切れ目なく次の楽章に進む。主題の変奏は巧妙で変奏を感じさせない流麗さで演じられる。

第3楽章 Allegro ma non troppo - Prestoヘ短調。4分の2拍子。ソナタ形式。
熱情の奔流と呼ぶにふさわしい旋律が吹き荒れる。後半はまったく新しいリズムを持つ旋律が現れ、プレストに加速して激情の中で全曲を終える。

ピアノソナタ第23番 (ベートーヴェン)

inserted by FC2 system