ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調 作品27-2 「月光ソナタ」

ピアノ演奏:ヴィルヘルム ケンプ Wilhelm Kempff

 

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンのピアノソナタ第14番嬰ハ短調作品27の2『幻想曲風に』 (Klaviersonate Nr. 14 op. 27 Nr. 2 cis-moll "Quasi una Fantasia")は、ベートーヴェンが16番目に作曲した番号付きピアノソナタである。一般には『月光ソナタ』として知られており、ベートーヴェンの三大ピアノソナタのひとつに含まれる。
ベートーヴェンのピアノソナタでも人気がある曲のひとつであり、8番『悲愴』、23番『熱情』と並んで3大ピアノソナタと呼ばれることもある。
この曲は前作のピアノソナタ第13番と組になってひとつの作品(作品27)として発表されており、両者とも「幻想曲風ソナタ」という題名が書かれている。ただし、本作の通称「月光」があまりにも有名になったため、本作を「幻想曲風ソナタ」と呼ぶことはほとんどない。
「月光」という標題は作曲者の意図するところではなく、ベートーヴェンの死後、1832年にルートヴィヒ・レルシュタープが第1楽章について「ルツェルン湖の月光の波に揺らぐ小舟のよう」とコメントしたことに由来するが、月の光のような印象があるのは第1楽章のみで、「月光」という語には単にこの曲の通称という以上の意味はない。

第1楽章 Adagio sostenuto (attacca) 嬰ハ短調。複合三部形式。
「月光の曲」として知られ、ピアノ音楽の中でも有名な曲のひとつである。右手の三連符と左手の重厚なオクターヴが中心。難曲のひとつであろう。

第2楽章 Allegretto 変ニ長調。複合三部形式。軽快なスケルツォ。
AllegroでなくAllegretto楽章であり、軽快さよりも柔和な浮揚感をもって演奏される。

第3楽章 Presto agitato 嬰ハ短調。ソナタ形式。
無窮動的な終曲。第1楽章、第2楽章と比べテクニック面においては難度が高い。最も重点が置かれる楽章。分散和音が上昇していく主題は作曲者のイディオムである。第二主題には、短調のソナタ形式としては珍しく、属調である嬰ト短調が用いられている(通例は平行調など、長調を用いる)。再現部の後には、協奏曲のカデンツァ風の長大な終結部が置かれている。最後に現れるオクターヴはピアノ協奏曲の第1楽章のそれとほぼ同一であり、協奏曲の持つ名人芸効果をもたらしている。

ピアノソナタ第14番 (ベートーヴェン)

inserted by FC2 system