ベートーヴェン:ピアノ曲「エリーゼのために」 "für Elise" イ短調

ピアノ演奏:フジ子・ヘミング Fujiko Hemming

 

曲のタイトルにある「エリーゼ」とは、お金持ち(貴族)の娘だった。あるところでベートーベンと知り合い、お互い恋に落ちる。しかし、ベートーベンは 貴族ではないため、もちろん、結婚する事、恋愛関係になる事は許されなかった。「エリーゼのために」の明るく愛らしいところは共に楽しい時間を過ごしている様子、激しいところは辛さ、悲しさを表している。
「エリーゼのために」は、本来「テレーゼ(Therese)のために」という曲名だったが、悪筆で解読不可能など何らかの原因で「エリーゼ(Elise)」となったという説が有力視されている。本曲の原稿はテレーゼ・マルファッティの書類から発見されたものであり、テレーゼはかつてベートーベンが愛した女性であった。この説ではテレーゼ・マルファッティがエリーゼの正体ということになる。

エリーゼのために (ベートーヴェン)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

inserted by FC2 system