ベートーヴェン:エグモント序曲 Egmont Overture 作品84

指揮: クリスティアン・ティーレマン Christian Thielemann
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 Wiener Philharmoniker

 

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの《エグモント Egmont》作品84は、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの1787年の同名の戯曲のための劇付随音楽。現在では序曲のみが単独で演奏されるが、他にソプラノ独唱を伴う曲を含む9曲が作曲された。 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの《エグモント Egmont》作品84は、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの1787年の同名の戯曲のための劇付随音楽。現在では序曲のみが単独で演奏されるが、他にソプラノ独唱を伴う曲を含む9曲が作曲された。

1.序曲: Sostenuto, ma non troppo - Allegro、ヘ短調→ヘ長調
力強く雄渾多感な序曲は、ベートーヴェン中期の終わりに位置する作品で、序曲《コリオラン》や、2年早く完成された《交響曲 第5番》と同じくらいに有名であり、また作曲様式でも類似点が見られる。

Wikipedia

inserted by FC2 system