パーセル:歌劇「ディドとエネアス」から アリア『私が土の中に横たわるとき』

ソプラノ: バーバラ・ボニー Barbara Bonney

 

『ディドとエネアス(Dido and Aeneas)』はヘンリー・パーセルが作曲した歌劇(オペラ)で、パーセルの作品中、厳密な意味での唯一の歌劇であるとともに、イギリスのバロックオペラの記念碑的作品ともなっている。

第3幕 第2場
エネアスが立ち去った後、ディドはベリンダに自ら命を断つことを告げ、彼女の腕の中で「わたしが地中に横たえられた時("When I am laid in earth")」(ディドのラメント)を歌いながら息絶え、彼女の墓を守るようにとのキューピッドへの祈りの合唱とともに幕が降りる。

パーセル:歌劇「ディドとエネアス」

inserted by FC2 system