ヘンデル:オンブラ・マイ・フ Ombra mai fu

カウンターテナー:アンドレアス・ショル Andreas Scholl

Ombra mai fu di vegetabile, cara ed amabile, soave piu こんな木陰は 今まで決してなかった 緑の木陰 親しく、そして愛らしい、 よりやさしい木陰は

オンブラ・マイ・フ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


カウンターテナー(英: countertenor)は、西洋音楽における成人男性歌手のパートの一つ。カウンターテノールともいう。変声を過ぎた男性が裏声(ファルセット)や頭声を使って、女声パート(アルト、メゾソプラノ、ソプラノ)あるいは女声に相当する音域を歌うことを指す。ボーイソプラノや、バロック時代にみられた変声前に去勢することで高音域を保つカストラートは区別される。
英国などで合唱のアルトにカウンターテナーが好まれたこともあって「男性アルト」の意味で用いられることも多い。また、テノールの延長で高音を出すもの(オートコントルという声種があるが)も含まれることがある。
特にソプラノ(Soprano)を歌う男性は、女性並びの最も高い音域(C4~E6)を出し、カウンターテナーと区別して男性ソプラノ、ソプラニスト(英語)或いはソプラニスタ(Sopranistaイタリア語)と呼ぶことが多い。

カウンターテナー 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

inserted by FC2 system