ヘンデル:オペラ「リナルド」"Rinaldo" から アリア「愛する妻よ」"Cara Sposa"

アルト:Nathalie Stutzmann ナタリー・シュトゥッツマン
ORFEO 55

 

リナルド(イタリア語: Rinaldo)は、ドイツ出身のイギリスの音楽家ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル(ジョージ・フレデリック・ハンデル)の作曲したオペラである。
トルクァート・タッソによる11世紀のエルサレムを舞台にした叙事詩『解放されたエルサレム』が原作。 なお、同じ題材でヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテが書いた戯曲に基づき、ヨハネス・ブラームスもカンタータ《リナルド》Op.50を作曲している

リナルド (ヘンデル)

inserted by FC2 system