コレッリ Corelli:ヴァイオリン・ソナタ ニ短調 作品5-12よりフォリア Folia

ヴァイオリン: 袴田 美穂 Miho Hakamata
ピアノ: アラン・ブラウン Alan Brown
Especially recorded for the 3.11 Japan Earthquake/Tsunami (3.11東日本大震災のために特別に収録)
recorded: 14th April 2011 at St. Mary's Church Addington Village

 

フォリア(folia)は、イベリア半島起源の舞曲。15世紀末のポルトガルあるいはスペインが起源とされるが、いずれかは定まっていない。サラバンドと同じく3拍子の緩やかな音楽。フォリアとは、「狂気」あるいは「常軌を逸した」という意味があり、もともとは騒がしい踊りのための音楽であったことが窺われるが、時代を経て優雅で憂いを帯びた曲調に変化した。

フォリアは、低音部の進行及び和声進行が定型化されるにつれて、これをもとに変奏曲形式で演奏することが広まった。17世紀にはイタリアで大流行し、多くの作曲家が採り上げている。このような手法は、シャコンヌやパッサカリアなどの変奏曲、あるいは『パッヘルベルのカノン』とも共通するものである。とくに、アルカンジェロ・コレッリの『ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ』作品5の12曲中最後に置かれた『ラ・フォリア』がよく知られる。その後も各時代で扱われたほか、フォリアとは明記されていないものでも、フォリアの低音部進行を部分的に採用している曲も多い。

フォリア

inserted by FC2 system