J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン ソナタ 第1番 ト短調 BWV.1001 

ヴァイオリン独奏: アルテュール・グリュミオー Arthur Grumiaux

 

ヨハン・セバスティアン・バッハの作曲した無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータBWV1001-1006は、3曲ずつのソナタ(BWV番号は奇数)とパルティータ(BWV番号は偶数)合計6曲からなり、ヴァイオリン独奏の楽曲として、今日では古今の名作の一つに数えられる。

I. Adagio cantabile
  4重音から始まり、全曲を通じて重音を多用する。自由な旋律の動きをもち、プレリュード風の曲である。
II. Fuga - Allegro
III. Siciliano - Mezzo forte
IV. Presto

Wikipedia

inserted by FC2 system