J.S.バッハ:フーガ ト短調 「小フーガ」BWV.578

オルガン演奏: ヘルムート・ヴァルヒャ Helmut Walcha
ヴァルヒャ語録: バッハの音楽は宇宙へと目を開いてくれます。
           ひとたびバッハ体験をすれば、この世の生にはなにがしかの意味があることに気づきます。

 

《フーガ ト短調 BWV 578》は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハのオルガン曲。一説には、アルンシュタット時代(1703年~1707年)の作品であるとされるが、後述のようにイタリア盛期バロック音楽の影響も見られることや、フーガ主題のバランスのよさから、ヴァイマル時代(1708年~1717年)以降の成立とする説もある。
一般には、同じくト短調である《幻想曲とフーガ BWV 542》との混同を避けるためもあって、「小フーガ」との愛称で親しまれている。なお、BWV 542のフーガについては、楽曲の規模から特に「大フーガ」と呼ぶこともある。この「小フーガ」、「大フーガ」という呼称は、BWV番号が存在しなかった時代の名残りである。
4小節半のフーガ主題は、バッハの最も分かり易い旋律として名高い。作品は4声フーガとして、数学的に精密に構成されている。また、対主題(固定対位句)を伴う。エピソードの中でバッハはコレッリの最も有名な作曲技法を取り入れている。すなわち、模倣し合う2声のそれぞれに8つの音符が現れ、前半4音で一気に駆け上がったあと、後半4音で一息に駆け下りるという手法である。

Wikipedia

inserted by FC2 system