バッハ ブゾーニ編曲:オルガン・コラール BWV.639
「主イエス・キリストよ、われ汝の名を呼ぶ」'Ich ruf zu dir, Herr Jesu Christ'

ピアノ:アンヌ・ケフェレック Anne Queffelec

 

アンヌ・ケフェレック(Anne Queffelec, 1948年1月17日 - )は、パリ生まれのフランスのピアニスト。
父親は作家のアンリ・ケフェレック(Henri Queffelec)。弟ヤン・ケフェレック(Yann Queffelec)も有名な作家である。5歳でピアノの演奏を始め、1964年にパリ音楽院に入学。1965年にピアノで、1966年には室内楽でそれぞれプルミエ・プリ(1等賞)をとる。
その後、パウル・バドゥラ=スコダ、イェルク・デームス、アルフレート・ブレンデルに師事し、1968年にはミュンヘン国際音楽コンクールで優勝した。それ以後も、国際舞台の中心で演奏をつづけ、経歴を重ねる。
ソロのコンサート・ピアニストとして有名であるばかりではなく、室内楽の分野でもよく知られている。彼女と共演したのは、カトリーヌ・コラール、ピエール・アモイヤル、フレデリック・ロデオン(Frederic Lodeon)、イモージェン・クーパーなどである。

アンヌ・ケフェレック

inserted by FC2 system