J.S.バッハ:ミサ曲 ロ短調 Messe in h-moll BWV.232

指揮:ジョルディ・サバール Jordi Savall
ル・コンセール・デ・ナシオン Le Concert des Nations (スペインの古楽器室内楽団)
ラ・カペラ・レイアル・デ・カタルーニャ La Capella Reial de Catalunya (スペインの声楽アンサンブル)
Celine Scheen: soprano Yetzabel Arias: soprano  Pascal Bertin: countertenor  Makoto Sakurada 櫻田 亮: tenor  Stephan Macleod: bass

 

01. Coro: Kyrie eleison
02. Aria (Duetto): Christe eleison
03. Coro: Kyrie eleison
04. Coro: Gloria in excelsis Deo
05. Coro: Et in terra pax hominibus bonae voluntatis
06. Aria: Laudamus te
07. Coro: Gratias agimus tibi propter magnam gloriam tuam
08. Aria (Duetto): Domine Deus, Rex coelestis
09. Coro: Qui tollis peccata mundi
10. Aria: Qui sedes ad dextram Patris, miserere nobis. Oboe
11. Aria: Quoniam tu solus sanctus
12. Coro: Cum Sancto Spiritu in gloria Dei Patris, Amen.
13. Coro: Credo in unum Deum
14. Coro: Patrem omnipotentem
15. Aria (Duetto) Et in unum Dominum
16. Coro: Et incarnatus est
17. Coro: Crucifixus etiam pro nobis
18. Coro: Et resurrexit tertia die
19. Aria: Et in spiritum sanctum dominum
20. Coro: Confiteor tibi
21. Coro: Et exspecto
22. Coro: Sanctus
23. Coro: Osanna in excelsis I
24. Aria: Benedictus qui venit in nomine Domini.
25. Coro: Osanna in excelsis II
26. Aria: Agnus Dei
27. Coro: Dona nobis pacem

ミサ曲 ロ短調 (BWV 232) は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハの作曲したミサ曲。日本語ではロ短調ミサなどとも称される。早くは1724年に書かれたものを部分的に含むが、最終的に完成したのは、J.S.バッハの死の前年の1749年である。現代では、マタイ受難曲、ヨハネ受難曲と並び、バッハの作品の中でも最高峰に位置するとされている。
ミサ曲ロ短調は、バッハの生涯を通しての合唱曲と神学への関わりの総決算として、フーガの技法と並ぶ象徴的な作品と広く考えられている。のみならず、しばしば「クラシック音楽」の最高傑作の一つともみなされている。

バッハ:ミサ曲 ロ短調

inserted by FC2 system