J.S.バッハ:カンタータ 147番 第10曲 終曲コラール Choral "Jesus bleibet meine Freude"

指揮:ニコラウス・アーノンクール Nikolaus Harnoncourt
古楽器オーケストラ: ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス Concentus Musicus Wien
アルノルト・シェーンベルク合唱団 Arnold Schoenberg Chor

 

第10曲 コラール合唱「イエスは変わらざるわが喜び」(Jesus bleibet meine Freude) が、下記の歌詞で歌われる。

X. Choral.
Jesus bleibet meine Freude,
Meines Herzens Trost und Saft,
Jesus wehret allem Leide,
Er ist meines Lebens Kraft,
Meiner Augen Lust und Sonne,
Meiner Seele Schatz und Wonne;
Darum lass ich Jesum nicht
Aus dem Herzen und Gesicht.

『心と口と行いと生活で』(Herz und Mund und Tat und Leben)BWV147は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハが1723年に主の母マリア訪問の祝日のために作曲したと推測される教会カンタータ。全10曲からなり、『主よ、人の望みの喜びよ』の名で広く親しまれているコラールが第6曲と第10曲に登場するため人気がある。

inserted by FC2 system