バッハ:管弦楽組曲3番よりG線上のアリア

指揮:ネヴィル・マリナー Neville Marriner

「G線上のアリア」(ジーせんじょうのアリア)は、ヨハン・セバスチャン・バッハの《管弦楽組曲第3番》のうちでも、とりわけ名高い「アリア」楽章に付けられた愛称。通常はゆったりと伸びやかに演奏されるが、古楽器アンサンブルの場合には、必ずしもゆっくり演奏するとは限らない。
バッハの《管弦楽組曲第3番》BWV1068は、当時の庇護者アンハルト=ケーテン侯レオポルトのために、1717年から1723年の間に作曲された作品である。「G線上のアリア」は、作曲者自身が名付けた題名ではない。愛称の由来は、19世紀後半になってアウグスト・ウィルヘルミが、ニ長調からハ長調に移調させると、この曲がヴァイオリンのG線のみで演奏可能なことに気づき、ヴァイオリン独奏用にそのような編曲を施したことにさかのぼる。


G線上のアリア 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

inserted by FC2 system