バッハ:小フーガ ト短調 BWV578

オルガン演奏:アルベルト シュバイツァー 

《フーガ ト短調 BWV 578》は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハのオルガン曲。一説には、アルンシュタット時代(1703年~1707年)の作品であるとされるが、後述のようにイタリア盛期バロック音楽の影響も見られることや、フーガ主題のバランスのよさから、ヴァイマル時代(1708年~1717年)以降の成立とする説もある。
一般には、同じくト短調である《幻想曲とフーガ BWV 542》との混同を避けるためもあって、「小フーガ」との愛称で親しまれている。なお、BWV 542のフーガについては、楽曲の規模から特に「大フーガ」と呼ぶこともある。この「小フーガ」、「大フーガ」という呼称は、BWV番号が存在しなかった時代の名残りである。

バッハ:小フーガ ト短調

inserted by FC2 system