J.S.バッハ:ブランデンブルグ協奏曲 第4番 BWV.1049

指揮: カール・ミュンヒンガー Karl Münchinger
シュトゥットガルト室内管弦楽団 Stuttgart Chamber Orchestra
フルート: ジャン=ピエール・ランパル Jean Pierre Rampal & カトリーヌ・カンタン Catherine Cantin

 

ブランデンブルグ協奏曲 第4番ト長調 BWV1049
1. ト長調 Allegro 3/8
  牧歌的な曲であり、ソロ・バイオリンに2本のリコーダーがきれいな響きを添える。
2. ホ短調 Andante 3/4
  2本のリコーダーの半音階的進行とヘンデルのような曲調が印象的である。フリギア終止で3楽章へと続く。
3. ト長調 Presto 2/2
  独奏楽器と通奏低音の4声のフーガ。様々なところに各楽器の魅力的なソロ、トゥッティが織り込まれている。

独奏楽器群  ヴァイオリン  リコーダー(フルート) 2
合奏楽器群  ヴァイオリン 2  ヴィオラ  チェロ  ヴィオローネ  通奏低音(チェンバロ)

バッハ:ブランデンブルグ協奏曲

inserted by FC2 system