指揮者: アントニオ・パッパーノ Antonio Pappano

アントニオ・パッパーノ(Antonio Pappano, 1959年12月30日 - )はイタリアの指揮者。


略歴

イタリア人の両親のもと英国エセックス州、エピングで生まれたパッパーノは、アメリカに渡りピアノや作曲を学んだ後、各地の歌劇場でコレペティトールとして研鑽を積む。バイロイト音楽祭ではダニエル・バレンボイムのアシスタントを務める。

1987年にオスロにあるノルウェー歌劇場にデビューし、1990年から音楽監督としてそのキャリアをスタートさせた。
1992年よりベルギー・ブリュッセルにあるベルギー王立歌劇場(モネ劇場)の音楽監督に就任。同歌劇場の水準を飛躍的に高める活躍を見せる。
1999年、かつて助手として働いたバイロイト音楽祭に楽劇『ローエングリン』を振ってデビュー。
2002年よりロンドンのコヴェント・ガーデン王立歌劇場(ロイヤル・オペラ)の音楽監督に迎えられ、現在まで活躍を続けている。シンフォニー分野では、1997年からイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者を務めたり、2005年より聖チェチーリア国立音楽院管弦楽団の音楽監督に就任している。

2012年にイタリア共和国大統領ジョルジョ・ナポリターノよりイタリア共和国功労勲章を受け、エリザベス女王よりナイトに叙せられている。

Wikipedia

inserted by FC2 system