歌詞対訳:国井健宏

◆J.S.バッハ:ヨハネ受難曲 BWV.245 第二部(第15曲-第40曲)

Nr.15 Choral 第 15 曲 コラール
Christus, der uns selig macht, 私たちを幸いにして下さるキリストは
Kein Bös' hat begangen, 何も悪事をなさらなかったのに、
Der ward für uns in der Nacht わたしたちのかわりに真夜中、
Als ein Dieb gefangen, 盗人のように捕らえられ、
Geführt für gottlose Leut 神を畏れぬ人々の前に引き出され、
Und fäschlich verklaget, 偽りの罪で訴えられ、
Verlacht, verhönt und verspeit, 嘲られ、辱められ、唾さえ吐きかけられた、
Wie denn die Schrift saget. 聖書に書かれているように。
<Verhor vor Pilatus> <ピラトの訊問>
Nr.16a Rezitativ 第 16a 曲 レチタティーヴォ
Da führeten sie Jesum von Kaipha vor das Richthaus, und es war frühe. Und sie gingen nicht in das Richthaus, auf daß sie nicht unrein würden, sondern Ostern essen möchten. Da ging Pilatus zu ihnen heraus und sprach: 人々は、イエスをカイアファのところから総督官邸に 連れて行った。明け方であった。しかし、彼らは自分では官邸に入られなかった。 汚れないで過越しの食事をするためである。
そこで、ピラトが彼らのところへ出て来て、言った。
Pilatus: Was bringet ihr für Klage ピラト: どういう罪でおまえ達は
wider diesen Menschen ? この者を訴えるのか?
Sie antworteten und sprachen zu ihm: 彼らは答えて言った。
Nr.16b Chor第 16b 曲 合唱
Chor: Wäre dieser nicht ein Übeltäter, 合唱: この男が悪いことをしていなかったら
wir hätten dir ihn nicht überantwortet. あなたに引き渡しはしなかったでしょう。
Nr.16c Rezitativ第 16c 曲 レチタティーヴ
Da sprach Pilatus zu ihnen: ピラトが言った。
Pilatus: So nehmet ihn ihr hin ピラト: あなたたちが引き取って、
und richtet ihn nach eurem Gesetze! 自分たちの律法に従って裁くがよい!
Da sprach die Jüden zu ihm: するとユダヤ人たちはピラトに言った。
Nr.16d Chor第 16d 曲 合唱
Chor: Wir dürfen niemand töten. 合唱: わたしたちには人を死刑にする
権限がありません。
Nr.16e Rezitativ第 16e 曲 レチタティーヴ
Auf daß erfüllet würde das Wort Jesu, welches er sagte, da er deutete, weiches Todes er sterben würde. Da ging Pilatus wieder hinein in das Richthaus und rief Jesu und sprach zu ihm:
PILATUS: Bist du der Jüden König?
Jesus antwortete:
JESUS: Redest du das von dir selbst, oder habens
dir andere von mir gesagt?
Pilatus antwortete:
PILATUS: Bin ich ein Jüde? Dein Volk und Hohenprister
haben dich mir über antwortet: was hast du getan?
Jesus antwortete:
JESUS: Mein reich ist nicht von dieser Welt: wäre mein Reich von dieser Welt, meine Diener würden darob kämpfen, daß ich den Jüden nicht über antwortet würde: aber nun ist mein Reich nicht von dannen.
それは、御自分がどのような死を遂げるかを示そうとして、 イエスの言われた言葉が実現するためであった。
そこで、 ピラトはもう一度官邸に入り、イエスを呼び出して、言った。
ピラト: お前がユダヤ人の王なのか?
イエスはお答えになった。
イエス: あなたは自分の考えで、そう言うのか。 それとも、ほかの者が私について、あなたにそう言ったのか?
ピラトは言い返した。
ピラト: わたしはユダヤ人なのか?お前の同胞や祭司長たちが、 お前をわたしに引き渡したのだ。いったい何をしたいのか?
イエスはお答えになった。
イエス: わたしの国は、この世には属していない。もし、わたし の国がこの世のものであれば、わたしがユダヤ人に引き渡されないように、 部下が戦ったことだろう。しかし、実際、わたしの国はこの世のものではない。
Nr.17 Choral 第 17 曲 コラール
Ach großer König, groß zu allen Zeiten, ああ偉大な王よ、いつの世にも偉大なる王よ、
Wie kann ich gnugsam diese Treu ausbreiten ? いかにして、この真実を伝え尽くせようか?
Keins Menschen Herze mag indes ausdenken, いかなる人の心も、何をあなたに捧げるべきか、
Was dir zu schenken. 考え出す事ができません。
Ich kann's mit meinen Sinnen nicht erreichen, あなたの憐れみに何をもってお答えすべきか、
Womit doch dein Erbarmen zu vergleichen. 思い至りません。
Wie kann ich dir denn deine Liebestaten 何をすれば、わたしはあなたの愛の御業に、
Im Werk erstatten ? 報いることができるのでしょうか?
Nr.18a Rezitativ 第 18a 曲 レチタティーヴォ
Da sprach Pilatus zu ihm: そこでピラトは言った。
Pilatus:So bist du dennoch ein König ? ピラト:それでは、やはり王なのか?
Jesus antwortete: イエスはお答えになった。
Jesus:Du sagst',ich bin ein König. Ich bin dazu geboren und in die Welt kommen, daß ich die Wahrheit zeugen soll. イエス:わたしが王だとは、あなたが言っていることです。私は真理について証しをするために生まれ、そのためにこの世に来た。
wer aus der Wahrheit ist,der höret meine Stimme. 真理に属する人は皆、わたしの声を聞く。
Spricht Pilatus zu ihm: ピラトは言った。
Pilatus:Was ist Wahrheit? ピラト:真理とは何か?
Und da er das gesaget,ging er wieder hinaus zu den Jüden und spricht zu ihnen: ピラトは、こう言ってからもう一度、ユダヤ人たちの前に出て言った。
Pilatus:Ich finde keine Schuld an ihm. ピラト:わたしはあの男に何の罪も見いだせない。
Ihr habt aber eine Gewohnheit,daß ich euch einen losgebe: ところで、過越祭には誰か一人をあなたたちに釈放するのが慣例になっている。
wollt ihr nun,daß ich euch der Jüden König losgebe? あのユダヤの王を釈放してほしいか?
Da schrieen sie wieder allesmt und sprachen: すると、彼らは、大声で言い返した。
Nr.18b Chor 第 18b 曲 合唱
Nicht diesen, sondern Barrabam! その男ではない。バラバを!
Nr.18c Rezitativ 第 18c 曲 レチタティーヴォ
Barrabas aber war ein Mörder. バラバは強盗であつた。
Da nahm Pilatus Jesum und geißelte ihn. そこで、ピラトはイエスを捕らえ、鞭で打たせた。
Nr.19 Arioso-Bass第 19 曲 アリオーソ(バス)
Betrachte, maine Seel, mit ängstlichem Vergnügen. Mit bittrer Lust und halb beklemmtem Herzen Dein höchstes Gut in Jesu Schmerzen. Wie dir auf Dornen. so ihn stechen.
Die Himmelschlüsselblümen blühn! Du kannst viel süß Frucht von seiner Wermut brechen. Drum sieh ohn Unterlaß auf ihn!
とくと見つめよ、わが魂よ、不安げな喜びと苦しみをともなう快楽と、 半ば慄きとをもってイエスの苦しみの中にある最高の宝を見よ。
イエスを刺すいばらの中には、いかに「天国への鍵の花」が咲いて いるかを! 主の苦汁から、あなたは多くの甘い果実を、 摘むことができる。
そのために休むことなく主を仰ぎ見よ!
Nr.20 Arie-Tenor 第 20 曲 アリア(テノール)
Erwäge, wie sein blutgefärbter Rücken 思い見よ、血に染められた主の背中が
In allen Stucken いかにすべてにわたって、
Dem Himmel gleiche geht, 天にふさわしく映し出されているかを。
Daran, nachdem die Wasserwogen われわれの罪の洪水により生じた大波が、
Von unsrer Sündflut sich verzogen, 去っていった後には、
Der allerschonste Regenbogen こよなく美しい虹となって、
Als Gottes Gnadenzeichen steht ! 神の祝福の徴としてかかっている!
<Verurteilung und Kreuzigung> <刑の宣言と磔刑>
Nr.21a Rezitativ 第 21a 曲 レチタティーヴォ
Und die Kriegsknechte flochten eine Krone
von Dornen und satzten sie auf sein Haupt
兵士達は茨で冠を編んで
それをイエスの頭に載せ、
und legten ihm ein Purpurkleid an und sprachen: 紫の服をまとわせ、そばにやって来て、言った。
Nr.21b Chor 第 21b 曲 合唱
Sei gegrüßet, lieber Jüdenkönig ! ユダヤ人の王様、万歳!
Nr.21c Chor 第 21c 曲 合唱
Und gaben ihm Backenstreiche. そして、彼を平手で打った。
Da ging Pilatus wieder heraus und sprach zu ihnen: ピラトはまた出て来て、言った。
Pilatus: Sehet, ich fuhre ihn heraus zu euch,
daß ihr erkennet,
ピラト:見よ、あの男をあなたたちのところへ
引き出そう。
daß ich keine Schuld an ihm finde.
Also ging Jesus heraus
そうすれば、わたしが彼に何の罪も見出せないわけが分かるだろう。イエスは外に出て来られた。
und trug eine Dornenkrone und Purpurkleid. 茨の冠をかぶり、紫の服を着け、
Und er sprach zu ihnen: ピラトは彼らに言った。
Pilatus: Sehet, welch ein Mensch ! ピラト:見よ、この男だ!
Da ihn die Hohenpriester und die Diener sahen,schrieen sie und sprachen: 祭司長と下役たちはイエスを見ると、
叫んだ。
Nr.21d Chor 第 21d 曲 合唱
Kreuzige, Kreuzige ! 十字架につけろ!十字架につけろ!
Nr.21e Rezitativ 第 21e 曲 レチタティーヴォ
Pilatus sprach zu ihnen: ピラトは彼らに言った。
Pilatus:Nehmet ihr ihn hin ピラト:あなたたちが引き取って、
und kreuziget ihn; 十字架につけるがよい。
denn ich finde keine Schuld an ihm ! わたしはこの男に罪を見出せない!
Die Juden antworteten ihm: ユダヤ人達はピラトに答えた。
Nr.21f Chor 第 21f 曲 合唱
Wir haben ein Gesetz, わたし達には律法があります。
und nach dem Gesetz soll er sterben; 律法によればこの男は死罪にあたります。
denn er hat sich selbst zu Gottes Sohn gemacht. なぜなら彼は自らを神の子と称したからです。
Nr.21g Rezitativ第 21g 曲 レチタティーヴォ
Da Pilatus das Wort hörete, fürchete er sich noch mehr und ging wieder hinein in das Richthaus, und spricht zu Jesu:
PILATUS: Von warmen bist du?
Aber Jesus gab ihm keine Antwort.
Da sprache Pilatus zu ihm:
PILATUS: Redest du nicht mit mir? Weißest du nicht, daß ich Macht habe, dich zu kreuzigen, und Macht habe, dich loszugeben?
Jesus antwortete:
JESUS: Du hättest keine Macht über mich, wenn sie dir nicht Wäre von herab gegeben: darum, der mich dir über antwortete hat, der hat's groß re Stunde.
Von dem an trachtete Pilatus, wie er ihn losließe.
ピラトは、この言葉を聞いてますます恐れ、再び総督官邸の 中に入って、イエスに言った。
 
ピラト: お前はどこから来たのか?
しかし、イエスは答えようとされなかった。
そこで、 ピラトは言った。
ピラト: わたしに答えないのか?お前を釈放する権限も、十字架に つける権限も、このわたしにあることを知らないのか?
イエスは答えられた。
イエス: 神から与えらていなければ、わたしに対して何の権限も ないはずだ。だから、わたしをあなたに引き渡した者の罪はもっと重い。 そこで、ピラトはイエスを釈放しようと努めた。
Nr.22 Choral 第 22 曲 コラール
Durch dein Gefägnis, Gottes Sohn, 神の御子よ、あなたが捕らわれたことにより、
Muß uns die Freiheit kommen; 自由がわたしたちにもたらされたのです。
Dein Kerker ist der Gnadenthron, あなたの牢獄は、恵みの御座であり、
信じる者すべての逃れ場です。
Denn gingst du nicht die Knechtschaft ein, もし、あなたが奴隷となって下さらなかったら、
Müßt unsre Knechtschaft ewig sein. わたしたちは永遠に奴隷だったことでしょう。
Nr.23a Rezitativ 第 23a 曲 レチタティーヴォ
Die Jüden aber schrieen und sprachen: しかし、ユダヤ人は叫んだ。
Nr.23b Chor 第 23b 曲 合唱
Lässest du diesen los,so bist du des Kaisers Freund nicht:denn wer sich zum Könige machet,
der ist wider den Kaiser.
もし、この男を釈放するなら、
あなたは皇帝の友ではない。
王と称するものは皆、皇帝に背いています。
Nr.23c Rezitativ 第 23c 曲 レチタティーヴォ
Da Pilatus das Wort hörete,führete er Jesum heraus,und satzte sich auf den Richtstuhl an der Stätte,die da heißet:Hoch pflaster,auf Ebräisch:aber Gabbatha.
Es war aber der Rüsttag in Ostern um die sechste Stund,
und er spricht zu den Jüden:
ピラトは、これらの言葉を聞くと、イエスを外に連れ出し、ヘブライ語でガバタ、すなわち「敷石」という場所で、裁判の席に着かせた。

それは過越祭の準備の日の、正午ごろであった。

ピラトがユダヤ人たちに言った。
Pilatus: Sehet,das ist König! ピラト: 見よ、あなたたちの王だ!
Sie schrieen aber: 彼らは叫んだ。
Nr.23d Chor 第 23d 曲 合唱
Weg,weg mit dem,Kreuzige ihn! 殺せ。殺せ。十字架につけろ!
Nr.23e Rezitativ 第 23e 曲 レチタティーヴォ
Spricht Pilatus zu ihnen: ピラトが言った。
Pilatus:Soll ich euren König kreuzigen? ピラト:あなたたちの王をわたしが十字架につけるのか?
Die Hohenpriester antworteten: 祭司長たちは、答えた。
Nr.23f Chor 第 23f 曲 合唱
Wir haben keinen König denn den Kaiser. わたくしたちには、皇帝のほかに王はありません。
Nr.23g Rezitativ 第 23g 曲 レチタティーヴォ
Da überantwortete er ihn, daß er gekreuziget würde. Sie nahmen aber Jesum und führeten ihn hin.
Und er trug sein Kreuz und ging hinaus zur Stätte,
die da heißet schädelstätt, welche heißet auf Ebräisch:Golgatha.
そこで、ピラトは十字架につけるために、イエスを
彼らに引き渡した。こうして、彼らはイエスを引き取った。
イエスは、自ら十字架を背負い、
いわゆる「されこうべの場所」すなわち
ヘブライ語でゴルゴタというところへ向かわれた。
Nr.24 Arie mit Chor 第 24 曲 アリアと合唱
Eilt, ihr angefochtnen Seelen, 急げ、悩める魂よ、
Geht aus euren Marterhöhlen, 苦しみの洞窟から出よ。
Eilt ― Wohin? ― nach Golgatha ! 急げ ― どこへ? ― ゴルゴタへ!
Nehmet an des Glaubens Flügel, 信仰の翼を身につけ
Flieht ― Wohin? ― zum Kreuzeshügel, 飛べ ― どこへ? ― 十字架の丘へ。
Eure Wohlfahrt blüht allda ! 君達の幸せはそこでこそ花咲くのだ!
Nr.25a Rezitativ 第 25a 曲 レチタティーヴォ
Allda kreuzigen sie ihn. und mit ihm zween andere
zu beiden Seiten. Jesum aber mitten inne. Pilatus aber schrib eine überschrift und satzte sie auf das Kreuz, und war geschrieben: "Jesus von Nazareth, der Juden könig." Diese überschrift lassen viel Jüden, denn die Stätte war nahe bei der Stadt, da Jesus gekreuziget ist. Und es war geschrieben auf ebräische, griechische und lateinische Sprache.
Da sprachen die Hohenpriester der Juden zu Pilato:
そこで、彼らはイエスを十字架につけた。また、イエスと 一緒に他の二人をも、イエスを真ん中にして両側に、十字架に つけた。
ピラトは罪状書きを書いて、十字架の上に掛けた。
それには、「ナザレのイエス、ユダヤの王」と書いてあった。 イエスが十字架につけられた場所は都に近かったので、多くの ユダヤ人がその罪状書きを読んだ。
それは、ヘブライ語、ラテン語、ギリシャ語で書かれていた。 ユダヤ人の祭司長たちがピラトに言った。
Nr.25b Chor 第 25b 曲 合唱
Schreibe nicht:der Juden König,
sondern daß er gesaget habe:
Ich bin der Juden König.
「ユダヤの王」と書かず、「この男は『ユダヤの王』と
自称した」と書いてください。
Nr.25c Rezitativ 第 25c 曲 レチタティーヴォ
Pilatus antwortet: しかし、ピラトは答えた。
Pilatus:Was ich geschrieben habe,
das habe ich geschrieben.
ピラト:わたしが書いたものは、
書いたままにしておけ。
Nr.26 Choral 第 26 曲 コラール
In meines Herzens Grunde, わたしの心の奥底には、
Dein Nam und Kreuz allein あなたの御名と十字架だけが、
Funkelt all Zeit und Stunde, 絶ゆることなく輝いています。
Drauf kann ich fröhlich sein. それがわたしの喜びなのです。
Ershein mir in dem Bilde 苦しみのときに慰めとなる姿を現し、
Zu Trost in meiner Not, 慈しみ深い主キリストよ、
wie du, herr Christ, so milde あなたがどのように死に至るまで
Dich hast geblut' zu Tod! 血を流されたかを示してください。
Nr.27a Rezitativ 第 27a 曲 レチタティーヴォ
Die Kriegsknechte aber,da sie Jesum gekreuziget
hatten, nahmen seine Kleider und machten vier
Teile, einem jeglichen Kriegesknechte sein Teil,
dazu auch den Rock. Der Rock aber war
ungenahet, von oben an gewurket durch und
durch. Da sprachen sie untereinander:
兵士たちは、イエスを十字架につけてから、
その服を取り、
四つに分け、各自に一つずつ渡るようにした。
下着も取ってみたが、それには縫い圏がなく、
上から下まで一枚織りであった。
そこで、彼らは話し合った。
Nr.27b Chor 第 27b 曲 合唱
"Lasset uns den nicht zerteilen,
sondern darum losen, wes er sein soll."
これは裂かないで、
だれのものになるか、くじ引きで決めよう!
Nr.27c Rezitativ 第 27c 曲 レチタティーヴォ
Auf daß erfüllet würde die Schrift, die da saget:
"Sie haben meine Kleider unter sich geteilet und haben über meinen Rock das Los geworfen. " Solches taten die Kriegesknechte. Es stund aber bei dem Kreuze Jesu seine Mutter und seiner Mutter Schwester, Maria, Kleophas Weib, und Maria Magdalena. Da nun Jesus seine Mutter sahe und den Jüger dabei stehen, den er lieb hatte, spricht er zu seiner Mutter:
JESUS: Weib, siehe, das ist dein Sohn!
Darnach spricht er zu dem jünger:
JESUS: Siehe, das ist deine Mutter!
それは、「彼らはわたしの服を分け合い、
私の服のことでくじを引いた」という
聖書の言葉が実現するためであった。
兵士たちはこのとおりにしたのである。
イエスの十字架のそばには、その母と母の姉妹、
クロバの妻マリアとマグダラのマリアとが立っていた。
イエスは、母とそばにいる愛する弟子とを見て、
母に言われた。
イエス: 婦人よ、御覧なさい。あなたの子です!
それから弟子に言われた。
イエス: 見なさい。あなたの母です!
Nr.28 Choral 第 28 曲 コラール
Er nahm alles wohl in acht
In der letzten Stunde,
Seine Mutter noch bedacht.
Setzt ihr ein' Vormunde,
0 Mensch, mache Richtigkeit,
Gott und Menschen liebe,
Stirb darauf ohn alles Leid.
Und dich nicht betrübe!
主は最期の時に臨んでも
全てのことに心を配られた。
母の身も案じられ、
後見人を定められた。
おお人よ、正しい事を行い、
神と人とを愛しなさい。
そうすれば死の時に、苦しむことなく、
悲しむこと もないだろう!
Nr.29 Rezitativ 第 29 曲 レチタティーヴ
Und von Stund an nahm sie der jünger zu sich. Darnach, als Jesus wußte, daß schon
alles vollbracht war, daß die Schrift erfüllet würde. spricht er:
JESUS: Mich dürstet!
Da stund ein Gefäße voll Essigs. Sie Fülleten aber einen Schwamm mit Essig und legten ihn um einen Isopen. und hielten es ihm dar zum Munde. Da nun Jesus den Essig genommen hatte. sprach er:
JESUS: Es ist vollbracht!
そのときから、この弟子はイエスの母を自分の家に引き取った。
この後、イエスは、すべてのことが今や成し遂げられたのを知り、 聖書の言葉が実現するために言われた。
イエス: 渇く!
そこには、酸っぱいぶどう酒を満たした器が置いてあった。 人々は、このぶどう酒をいっぱい含ませた海綿をヒソプに付け イエスの口もとに差し出した。
イエスは、このぶどう酒を受け取ると、 仰せになった。
イエス: 成し遂げられた!
Nr.30 Arie - Alt 第 30 曲 アリア (アルト)
Es ist vollbracht ! 成し遂げられた!
O Trost vor die gekrankten Seelen ! 病める魂に慰めあれ!
Die Trauernacht 悲しみの夜は、
Last nun die letzten Stunde zählen. まもなく終わろうとしている。
Der Held aus Juda siegt mit Macht ユダの国より出た勇士は堂々たる勝利を治め、
Und schliest den Kampf. 戦いを終えられた。
Es ist vollbracht ! 成し遂げられた!
Nr.31 Rezitativ 第 31 曲 レチタティーヴォ
Und neiget das Haupt und verschied. そして、頭を垂れて息を引き取られた。
Nr.32 Arie mit Chor 第 32 曲 合唱とアリア
Solo: Mein teurer Heiland,lass dich fragen,
Chor:Jesu,der du warest tot,
Solo: Da du nunmehr ans Kreuz geschlagen
Und selbst gesagt:es ist vollbracht!
Chor: Lebest nun ohn Ende.
Solo: Bin ich vom Sterben freigemacht?
Chor: In der letzten Todesnot
Nirgend mich hinwende,
Solo: Kann ich durch dein Pein und Sterben
Das Himmelreich ererben?
Ist aller Welt Erlösung da?
Chor: Als zu dir, der mich versöhnt
O du lieber Herre!
Solo: Du kannst vor Schmerzen
zwar nicht sagen.
Chor: Gib mir nur,was du verdient.
Solo: Dich neigest du das Haupt
Chor: Mehr ich nicht begehre!
Solo: Und sprichst stillschwegend:Ja!
バス: 尊い救い主よ、お尋ねしてよろしいでしょうか、
合唱: イエスよ、あなたは死なれたが、
バス: 今や、あなたは十字架にかけられ、
自ら言われた:「成し遂げられた」と。
合唱: 今や永遠に生きておられます。
バス: 私は死から開放されたのでしょうか?
合唱: 私が最期の死の苦しみにあるとき
あなた以外に向かわせないでください。
バス: わたくしはあなたの苦しみと死によって
天の国に入れるのでしょうか?
全世界が救われるのでしょうか?
合唱: あなただけが私の救い主、
ああ、愛する主よ!
バス: あなたは苦しみのあまり
何も語ることができず、
合唱: あなたの得られたものだけを下さい。
バス: あなたは、ただ頭を垂れて、
合唱: それ以上のものは何も求めません!
バス: 沈黙の内にお語りになります「そうだ!」と。
Nr.33 Rezitativ 第 33 曲 レチタティーヴォ
Und siehe da, der Vorhang im Tempel zerriß in zwei Stück von oben an bis unten aus. Und die Erde erbebete, und die Felsen zerrissen, und die Gräber täten sich auf, und stunden auf viel Leiber der Heiligen. そのとき、神殿の垂れ幕が上から下まで真っ二つ裂け、 地震が起こり、岩が裂け、墓が開いて、
眠りについていた多くの 聖なる者たちの体が
生き返った。
Nr.34 Arioso - Tenor 第 34 曲 アリオーソ(テノール)
Mein Herz, indem die ganze Welt Bei Jesu Leiden gleichfalls leidet. Die Sonne sich in Trauer kleidet. Der vorhang reißt, der Fels zerfällt. Der Erde bebt. die Gräber spaiten. Weil sie den Schöpfer sehn erkalten. Was willst du deines Ortes tun? わが心よ、この世のすべては、ひとしくイエスの受難を悼み、太陽は、 悲しみの衣をまとい、垂れ幕は裂け、岩山は崩れ落ち、大地は揺れ、 墓は開かれる。
創造主が冷えてゆくのを見たゆえ、わが心よ、お前は 何をなそうとするのか?
Nr.35 Arie - Sopran 第 35 曲 アリア(ソプラノ)
Zerfließe, mein Herze, in Fluten der Zähren わが心よ、涙となって融け流れよ
Dem Höchsten zu Ehren ! いと高き方の栄光のために!
Erzähle der Welt und dem Himmel die Not: 天にも地にもこの苦しみを語り伝えよ。
Dein Jesus ist tot ! 「あなたのイエスが死に給うた」と!
Nr.36 Rezitativ第 36 曲 レチタティーヴォ
Die Juden aber, dieweil es der Rüsttag war, daß nicht die Leichname am Kreuze blieben den Sabbath über, baten sie Pilatum, daß ihre Beine gebrochen und sie abgenommen würden. Da kamen die Kriegsknechte und brachen dem ersten die Beine und dem andern, der mit ihm gekreuziget war. Als sie aber zu Jesu kamen, da sie sahen, daß er schon gestorben war, brachen sie ihm die Beine nicht: sondern der Kriegesknechte einer eröffnete seine Seite mit einem Speer, und alsobald ging Blut und Wasser heraus. Und der das gesehen hat, der hat es bezeuget, und sein Zeugnis ist wahr, und derselbige weiß daß er die Wahrheit saget, auf daß ihr gläubet. Denn solches ist geschehen, auf daß die Schrift erfüllet würde: "Ihr sollet ihm kein Bein zerbrechen." Und abermal spricht eine andre Schrift: "Sie werden sehen, in weichen sie gestochen haben." その日は準備の日で、翌日は特別の安息日であったので、 ユダヤ人たちは、安息日に遺体を十字架の上に残しておかないために、 足を折って取り降ろすように、ピラトに願い出た。
そこで、兵士たちが来て、イエスと一緒に十字架につけられた最初の 男と、もう一人の男との足を折った。
イエスのところに来てみると、 既に死んでおられたので、その足は折らなかった。
しかし、兵士の一人が槍でイエスのわき腹を刺した。 すると、すぐ血と水とが流れ出た。
それを目撃した者が証ししており、 その証しは真実である。 その者は、あなたがたにも信じさせるために、自分が真実を語っている ことを知っている。
これらのことが起こったのは「その骨は一つも砕かれない」という聖書の 言葉が実現するためであった。
また、聖書の別の所に、「彼らは、自分たちを突き刺した者を見る」とも 書いてある。
Nr.37 Choral 第 37 曲 コラール
O hilf, Christe, Gottes Sohn, 神の子キリストよ、助けてください、
Durch dein bitter Leiden, あなたの痛ましい受難の力によって、
Das wir dir stets untertan わたし達が常にあなたに従い、
All Untugend meiden, あらゆる悪を避けますように。
Deinen Tod und sein Ursach あなたの死と、その意味を、
Fruchtbarlich bedenken, 実り豊かに思い巡らし、
Dafür, wiewohl arm und schwach, いかに貧しく、弱くとも、
Dir Dankopfer schenken! あなたに感謝の献物を捧げることができますように!
Nr.38 Rezitativ第 38 曲 レチタティーヴォ
Darnach bat Pilatum Joseph von Arimathia, der ein jünger Jesu war, daß er möchte abnehmen den Leichnam Jesu. Und Pilatus er laubete es. Derowegen kam er und nahm den Leichnam Jesu herab. Es kam aber auch Nikodemus, der vormals bei der Nacht zu Jesu kommen war, und brachte Myrrhen und Aloen untereinander, bei hundert Pfunden. Da nahmen sie den Leichnam Jesu und Bunden ihn in leinen Tücher mit Spezereien, wie die Juden pflegen zu begraben. Es war aber an der Stätte, da er gekreuziget ward, ein Garte, und im Garten ein neu Grab, in welches niemand je geleget war. Daselbst hin legten sie Jesum, um des Rüsttags willen der Jüden, dieweil das Grab nahe war. その後、イエスの弟子でありながら、ユダヤ人たちを恐れて、 そのことを隠していたアリマタヤ出身のヨセブが、イエスの遺体を 取り降ろしたいと、ピラトに願い出た。ピラトが許したので、 ヨセブは行って遺体を取り降ろした。
そこへ、かってある夜、イエスの もとに来たことのあるニコデモも、投薬と沈香を混ぜた物を百リトラ ばかり持ってきた。彼らはイエスの遺体を受け取り、ユダヤ人の 埋葬の習慣に従い、香料を添えて亜麻布で包んだ。
イエスが十字架に つけられた所には園があり、そこにはだれもまだ葬られたことのない 新しい墓があった。
その日はユダヤ人の準備の日であり、 この墓が近かったので、そこにイエスを納めた。
Nr.39 Chor 第 39 曲 合唱
Ruht wohl, ihr heiligen Gebeine, 安らかに眠ってください、聖なる骸よ、
Die ich nun weiter nicht beweine, わたしはもはや、嘆き悲しむことをいたしません。
Ruht wohl und bringt auch mich zur Ruh! 安らかに眠り、わたしをも安息に導いて下さい!
Das Grab, so euch bestimmet ist あなたのために定められこのお墓は、
Und ferner keine Not umschließt, もはやいかなる苦しみにも襲われることはありません。
Macht mir den Himmel auf それは天国の扉を開き
und schließt die Hölle zu. 地獄への道を閉ざすのです。
Nr.40 Choral 第 40 曲 コラール
Ach Herr, las dein lieb Engelein ああ 主よ、あなたの愛する天使を遣わされ、
Am letzten End die Seele mein 最期の時にわが魂を、
In Abrahams Schoß tragen. アブラハムの懐へ連れて行ってください。
Den Leib in seim Schlafkämmerlein わが肉体をその小さなに、
Gar sanft ohn einge Qual und Pein 苦しみも痛みも無く安らかに、
Ruhn bis am Jüngsten Tage ! 最後の審判の日まで憩わせてください!
Alsdenn vom Tod erwecke mich, その時にわたしを死の眠りから目覚めさせてください。
Das meine Augen sehen dich わが目は喜びに満たされ、あなたの姿を仰ぎ見て、
In aller Freud, o Gottes Sohn, 喜びに満たされますように! おお神の子よ、
Mein Heiland und Genadenthron ! わたしの救い主、恵みの御座よ!
Herr Jesu Christ, erhöre mich, 主イエス・キリストよ、わたしの願いを聞き入れてください。
Ich will dich preisen ewiglich ! わたしは永遠にあなたをほめたたえます!

音楽の森トップページ

inserted by FC2 system