歌詞対訳:国井健宏

◆J.S.バッハ:ヨハネ受難曲 BWV.245  第一部(第1曲-第14曲)

Nr.1 Chor 第 1 曲 合唱
Herr, unser Herrscher, dessen Ruhm 主よ、われらを治めたまう主よ、あなたの栄誉は
In allen Landen herrlich ist! 全地に輝きわたっています!
Zeig uns, durch deine Passion, お示しください。あなたの受難を通し、
Daß du, der wahre Gottessohn, 真の神の子であるあなたが、
Zu aller Zeit, あらゆる時に、
Auch in der größten Niedrigkeit, 辱めのどん底にあっても、
Verherrlicht worden bist! 栄光を受けておられた事を!
Nr.2a Rezitativ第 2a 曲 レチタティーヴォ
Jesus ging mit seinen Jügern über den Bach Kindron. da war ein Garten, darein ging Jesus und seine Jünger. Judas aber der ihn verriet, wußte den Ort auch, denn Jesus versammlete such oft daselbst mit seinen Jüngern. Da nun Judas zu sich hatte genommen die Schar und der Hohenpriester und Pharisäer Diener, kommt er dahin mit Fackeln. Lampen und mit Waffen.
Als nun Jesus wußte alles, was ihm begegnen sollte, ging er hinaus und sprach zu ihnen:
JESUS: Wen suchet ihr?
Sie antworteten ihm:
イエスは弟子たちと一緒に、きどんの谷の向こうへ出て行かれた。 そこには園があり、イエスは弟子たちとその中に入られた。 イエスを裏切ろうとしていたユダも、その場所を知っていた。 イエスは弟子たちと共に度々ここに集まっておられたからである。
それでユダは、一隊の兵士と、祭司長たちやファリサイ派の人々の 遣した下役たちを引き連れて、そこにやって来た。松明やともし 火や武器を手にしていた。
イエスはご自分の身に起こることを何もかも 知っておられ、進み出て、言われた。
イエス: だれを捜しているのか?
彼らが答えた。
Nr.2b Chor第 2b 曲 合唱
Jesum von Nazareth. ナザレのイエスだ。
Nr.2c Rezitativ第 2c 曲 レチタティーヴォ
Jesus spricht zu ihnen:
JESUS: Ich bin's.
Judas aber, der ihn verriet, stund auch bei ihnen.
Als nun Jesus zu ihnen sprach: Ich bins, wichen sie zurücke und fielen zu Boden. Da fragete er sie abermal:
JESUS: Wen suchet ihr?
Sie aber sprachen:
イエスは言われた。
イエス: 私である。
イエスを裏切ろうとしていたユダも一緒にいた。
イエスが「わたしである」と言われたとき、彼らは後ずさりして、 地に倒れた。
そこで、イエスが重ねてお尋ねになった。
イエス: だれを捜しているのか?
彼らが答えた。
Nr.2d Chor第 2d 曲 合唱
Jesum von Nazareth. ナザレのイエスだ。
Nr.2e Rezitativ第 2e 曲 レチタティーヴォ
Jesus antwortete:
JESUS: Ich habs euch gesagt, daß ichs sei,
suchet ihr denn mich, so lasset diese gehen!
すると、イエスは言われた。
イエス: 「私である」と言ったではないか。私を捜しているなら、 この人々は去らせなさい!
Nr.3 Choral 第 3 曲 コラール
O große Lieb, o Lieb ohn alle Maße. おお、大いなる愛、はかり知れぬ愛よ!
Die dich gebracht auf diese Materstaße! その愛があなたを苦難の道へ導いたのです。
Ich lebte mit der Welt in Lust und Freuden. 私はこの世で喜びのうちに生きていたのに
Und du mußt leiden! あなたが苦しみを受けねばならないとは!
Nr.4 Rezitativ第 4 曲 レチタティーヴォ
Auf daß das Wort erfüllet, welches er sagte:
Ich habe der keine verioren, die du mir gegeben hast. Da hatte Simon Petrus ein Schwert und zog es aus und schlug nach des Hohenpriesters Knecht.
und hieb ihn sein recht Ohr ab: und der Knecht hieß Malchus.
Da sprach Jesus zu Petro:
JESUS: Stecke dein Schwert in die Scheide!
Soll ich den Kelch nicht trinken, den mir mein Vater gegeben hat?
それは、「あなたが与えてくださった人を、わたしは 一人も失いませんでした」と言われたイエスの言葉が実現するため であった。
シモン・ペテロは剣を持っていたので、それを抜いて 大祭司の手下に打ってかかり、その右の耳を切り落とした。
手下の 名はマルコスであった。
イエスはペテロに言われた。
イエス: 剣をさやに納めなさい! 父がお与えになった杯は、飲む べきではないか?
Nr.5 Choral 第 5 曲 コラール
Dein Will Gescheh,Herr Gott,zugleich Auf Erden
wie im Himmelreich.
主なる神よ、天におけるように地においても御心が行なわれますように。
Gib uns Geduld in Leidenszeit. 苦しみに耐えるよう忍耐の力をお与えください、
Gehorsam sein in Lieb und Leid;
Wehr und steur allem Fleisch und Blut.
愛にも、悲しみにも従順でありますように。
御心に背こうする血と肉から
Das wider deinen Willen tut! 私たちを守り、導いてください!
Nr.6 Rezitativ第 6 曲 レチタティーヴォ
Die Schar aber und der Oberhauptmann und die Diener der Jüden nahmen Jesum und bunden ihn und führeten ihn aufs erste zu Hannas, der war Kaiphas Schwäher, wecher des Jahres Hohepriester war. Es war aber Kaiphas, der den Jüden riet, es wäre gut, daß ein Mensch würde umbracht für das Volk. そこで一隊の兵士と千人隊長、およびユダヤ人の下役たちは、イエスを捕らえて縛り、まず、アンナスの ところへ連れて行った。彼が、その年の大祭司カイアファの宗徒だったからである。
一人の人間が民の代わりに死ぬほうが好都合だと、ユダヤ人たちに助言したのは、このカイアファであった。
Nr.7 Arie - Alt 第 7 曲 アリア(アルト)
Von den Stricken meiner Sünden 罪の縄目より
Mich zu entbinden, わたしを解こうとして、
Wird mein Heil gebunden. わが救い主は縄目につかれる。
Mich von allen Lasterbeulen あらゆる罪の醜さから、
Völlig zu heilen, わたしを完全に癒そうとされて、
Läßt er sich verwunden. 主は自ら傷を受けられた。
Nr.8 Rezitativ第 8 曲 レチタティーヴォ
Simon Petrus aber folgete Jesu nach
und ein ander jünger.
シモン・ペテロともう一人の弟子は、イエスに従った。
Nr.9 Arie - Sopran 第 9 曲 アリア(ソプラノ)
Ich folge dir gleichfalls mit freudigen Schritten わたしは、喜びの足どりであなたに従います。
Und lasse dich nicht, あなたを離れることはありません。
Mein Leben, mein Licht. わが命、わが光よ。
Befordre den Lauf わたしが歩む道をお示しください。
Und höre nicht auf, そして絶ゆることなく、
Selbst an mir zu ziehen, zu schieben, zu bitten ! わたしをささえ、わたしを招いてください!
Nr.10 Rezitativ第 10 曲 レチタティーヴォ
Derselbige jünger war dem Hohenpriester bekannt
und ging mit Jesu hinein in des Hohenpriesters Palast. Petrus aber stund draußen für der Tür.
Da ging der andere jünger, der dem Hohenpriester bekannt war, hinaus und redete mit der Türhüter in und führete Petrum hinein. Da sprach die Magd, die Türhüter in, zu Petro:
ANCILLA: Bist du nicht dieses Menschen jünger einer?
Er sprach:
PETRUS: Ich bin nicht!
Es stunden aber die Knechte und Diener und hatten ein Kohlfeu'r gemacht und wärmeten sich. Petrus aber stund bei ihnen und wärmete sich. Aber der Hohepriester fragte Jesum um seine Jünger und um seine Lehre. Jesus antwortete ihm:
JESUS: Ich habe frei, öffentlich geredet für der Welt. Ich habe allezeit gelehret in der Schule und in dem Tempel, da alle Juden zusammenkomm, und habe nichts im Verborgnen geredt. Was fragest du mich darum? Frage die darum, die gehöret haben, was ich zu ihnen ge-redet habe! Siehe dieselbigen wissen, was ich gesaget habe.
Als er aber solches redete, gab der Diener einer,
die dabei stunden:
Jesu einen Backenstreich und sprach:
SERVUS: Solltest du dem Hohenpriester also antworten?
Jesus aber antwortete:
JESUS: Hab ich übel geredt, so beweise es,
daß es böse sei, hab ich aber recht geredt,
was schlägest du mich?
この弟子は大祭司の知り合いだったので、イエスと一緒に大祭司の屋敷の中庭に 入ったが、ペテロは門の外に立っていた。
大祭司の知り合いである、そのもう一人の弟子は、出て来て門番の女に話し、 ペトロを中に入れた。
門番の女中ハペテロに言った。
 
女中: あなたも、あの人の弟子の一人ではありませんか?
ペトロは言った。
ペトロ: そうではない。
僕や下役たちは、寒かったので炭火をおこし、そこに 立って火にあたっていた。
ペテロも彼らと一緒に立って、火にあたっていた。 大祭司はイエスに弟子のことや教えについて尋ねた。
イエスは答えられた。
イエス: 私は、世に向かって公然と話した。私はいつも、ユダヤ人が 皆集まる会堂や神殿の境内で教えた。
ひそかに話したことは何もない。
 
なぜ、私を尋問するのか、私が何をしたかは、それを聞いた人々に尋ねるがよい!
その人々が私の話したことを知っている。
イエスがこういわれると、そばにいた下役のひとりが、イエスを平手で打って 言った。
 
下役: 大司祭に向かって、そんな返事のしかたがあるか?
イエスは答えられた。
イエス: 何か悪いことを私が言ったのなら、その悪いところを 証明しなさい。正しいことを言ったなら、なぜわたしを打つのか?
Nr.11 Choral 第 11 曲 コラール
Wer hat dich so geschlagen, 我が救い主よ、誰があなたをそのように打ったのですか。
Mein Heil,und dich mit Plagen 誰があなたを苦しめ。
So übel zugericht'? このようなひどい目に合わせたのですか?
Du bist ja nicht ein Sünder, あなたは、私たちや、私たちの子供らのような
Wie wir und unsre Kinder, 罪びとでは決してありません。
Von Missetaten weißt du nicht. 悪事を知らない御方であるのに。
Ich, ich und meine Sünden, 私と私の罪、
Die sich wie Körnlein finden それは、海辺の砂粒のように、
Des Sandes an dem Meer, おびただしく積もっている。
Die haben dir erreget それらの罪が、あなたを打たせ、
Das Elend, das dich Schläget, 悲しみを与え、
Und das betrübte Marterheer. 責め苦を負わせているのです。
Nr.12a Rezitativ第 12a 曲 レチタティーヴォ
Und Hannas sandte ihn gebunden zu dem Hohenpriester Kaiphas.
Simon Petrus stund und wärmete sich.
da sprachen sie zu ihm:
アンナスは、イエスを縛ったまま、大祭司カイアファのもとに送った。
シモン・ペテロは立って火にあたっていた。
人々は言った。
Nr.12b Chor第 12b 曲 合唱
Bist du nicht seiner jünger einer ? お前もあの男の弟子の一人ではないのか?
<Des Petrus Verleugnung> <ペテロの否認>
Nr.12c Retitativ 第 12c 曲 レチタティーヴォ
Er leugnet aber und sprach: ペテロは打ち消して、言った
PETRUS: Ich bins nicht. ペテロ: そうではない。
Spricht des Hohenpriesters Knecht' einer, ein Gefreundter des, Petrus das Ohr abgehauen hatte: 大祭司の僕の一人で、ペテロに片方の耳を切り落とされた人の身内の者が言った。
SERVUS: Sahe ich nicht im Garten bei ihm? 下役: 園であの男と一緒にいるのを、私に見られたではないか?
Da verleugnete Petrus abermal.
und alsobald krähete der Hahn.
ペテロは、再び打ち消した。
するとすぐ、鶏が鳴いた。
Da gedachte Petrus an die Worte Jesu
und ging hinaus und weinete bitterlich.
ペテロはイエスの言葉を思い出し、
外に出て激しく泣いた。
Nr.13 Arie - Tenor 第 13 曲 アリア(テノール)
Ach, mein Sinn, ああ、わが悩める心よ、
Wo willt du endlich hin, どこへ逃れ、
Wo soll ich mich erquicken? 安らぎを得ようとするのか?
Bleib ich hier, ここに留まるべきか、
Oder wünsch ich mir 自ら願うべきか?
Berg und Hügel auf den Rücken? それとも、山と丘とを背負うことを
Bei der Welt ist gar kein Rat, この世には聞くべき助言はなく、
Und im Herzen 心には、
Stehn die Schmerzen わが罪の痛みがある。
Meiner Missetat, Weil der Knecht それは、主の僕であるわたしが、
Den Herrn verleugnet hat. 主を否定したからである。
Nr.14 Choral 第 14 曲 コラール
Petrus, der nicht denkt zurück, ペテロは主の言葉を思い出すこともなく、
Seinen Gott verneinet, 彼の神を否定してしまった。
Der doch auf ein' ernsten Blick しかし主のまなざしに見つめられて、
Bitterlichen weinet. 激しく泣いた。
Jesu, blicke mich auch an, イエスよ、わたしにも御眼差しを注いでください。
Wenn ich nicht will büßsen; わたしが悔い改めようとしないなら、
Wenn ich Böses hab getan, わたしが悪事を行ったなら、
Rühre mein Gewissen ! わたしの良心を揺り動かしてください!

音楽の森トップページ

inserted by FC2 system