監修:国井健宏  対訳:堀田晶子


バッハ:カンタータ 第68番 BWV.68 歌詞対訳

1. Choral Also hat Gott die Welt geliebt, Daß er uns seinen Sohn gegeben. Wer sich im Glauben ihm ergibt, Der soll dort ewig bei ihm leben. Wer glaubt, daß Jesus ihm geboren, Der bleibt ewig unverloren, Und ist kein Leid, das den betrübt, Den Gott und auch sein Jesus liebt. 神はご自身の子を与えられるほど、 世を愛された。 御子を信じて身を捧げる者が、 みもとで永遠の命にあずかる。 イエスが私のために お生まれになったと信じる者は、 決して滅びることがない。 神とイエスから愛される者は、 苦しみに喘ぐこともない。
2. Aria Mein gläubiges Herze, Frohlocke, sing, scherze, Dein Jesus ist da! Weg Jammer, weg Klagen, Ich will euch nur sagen: Mein Jesus ist nah. 我が信仰深き魂よ、 喜び、歌い、楽しめ。 おまえのイエスがそこにおられる! 悩みよ、苦しみよ、去れ。 これだけは言おう。 私のイエスがそばにいてくださる。
3. Recitativo Ich bin mit Petro nicht vermessen, Was mich getrost und freudig macht, Daß mich mein Jesus nicht vergessen. Er kam nicht nur, die Welt zu richten, Nein, nein, er wollte Sünd und Schuld Als Mittler zwischen Gott und Mensch vor diesmal schlichten. 私は、ペトロと共に決して取り違えません。 イエスが私を心にかけてくださるが故に、 慰めと幸福をいただけるのです。 彼は世を裁くためだけに この世に来られたのではありません。 決して、そうではありません。 彼は仲介者として、今こそ罪咎を贖おうと 神と人との間に立たれたのです。
4. Aria Du bist geboren mir zugute, Das glaub ich, mir ist wohl zumute, Weil du vor mich genug getan. Das Rund der Erden mag gleich brechen, Will mir der Satan widersprechen, So bet ich dich, mein Heiland, an. あなたは、私のためにお生まれになりました。 私は信じます、私は幸せです。 あなたが充分なものを与えてくださったから。 この世の終わりが突然訪れようと、 サタンが私に反駁しようと、 私はあなたを慕い求めます、我が救い主よ。
5. Coro Wer an ihn gläubet, der wird nicht gerichtet; wer aber nicht gläubet, der ist schon gerichtet; denn er gläubet nicht an den Namen des eingebornen Sohnes Gottes. イエスを信じる者は、 裁かれることがない。 彼を信じない者は、 すでに裁かれている。 何故なら、神の独り子の名を 信じないからである。
inserted by FC2 system