" 音楽の森 クラシック音楽 動画視聴サイト

クラシック音楽ファンの皆様 動画視聴サイト 音楽の森 へ ようこそ

 

音楽の森 更新履歴・最新情報

2016/05/09 J.S.バッハ:ミサ曲ロ短調の歌詞対訳を、国井健宏神父の監修で改訂しました。         

2015/12/02 Windows10のIE11とEdgeでこのサイトの動作状況を調べました。
        その結果、正常な操作・動作を確認できました。Edgeの方がIE11より動作が軽く、画面が早く表示されます。

2015/9/23 本日「音楽の森」のアクセスがおかげ様で40万件に達しました。

2015/02/06 本日の曲 動画のサイズを640×390より850×480に拡大しました。

2014/10/16 一部 高画質動画のサイズを850×500より1280×720(画質720p)に拡大しました。

2014/8/25 本日「音楽の森」のアクセスがおかげ様で30万件に達しました。

2014/3/9  いよいよWindowsXpのサポートも4月9日で終了しますので「音楽の森」をタブレットPCを使いWindows8.1(IE11)で動作状況を調べました。その結果、正常な操作・動作(画面タッチ操作を含め)を確認できました。

2014/1/17  「日本の歌」の動画を視聴するメニューボタンをリンク集からトップページのメニューに
         移しました。

2013/11/16  右側のメニューに各国の「映画音楽とシャンソン」の動画を視聴するためのボタンを
         追加しました。

2013/10/6  昨日(2013年10月5日)「音楽の森」の入場者が通常の1.5~2倍近くの332件に達し、
1日での最高記録となりました。2014/1/30 337 2014/6/22 351
この日は私の誕生日と重なり多くの方々がご覧いただたことは制作・管理者として大変うれしく思っています。 今後も「音楽の森」へのご支援を宜しくお願い申し上げます。

2013/9/25 トップページ 「本日の曲」の動画表示幅を480pxから640pxへ広げました。

2013/9/9 特にHD高解像度動画 の付いた動画は全画面表示での視聴をおすすめします。

2013/6/19 YouTubeの全画面表示(Full Screen)機能について
画面をダブル・クリックすると全画面表示になりますのでお試しください。
なお、元の画面に戻すときには、ESCキーを押すか、再度ダブル・クリックします。

2013/4/23
一部の動画で楽章切り替えを手動で行っていましたがPlaylistにより自動切り替えにしました。

2013/3/28
バッハ幻の受難曲「マルコ受難曲」全曲と「ルカ受難曲」全曲をそれぞれバッハ声楽曲へ追加しました。

2012/12/3
「鳴海真希子さんの思い出」は 外部サイトhttp://narumi2012.web.fc2.com/ へ移転しました。

2012/08/29 後期ロマン派音楽にブルックナーのモテットを載せました。

2012/06/27 リンク集にヘレン・ケラーの生誕を記念日として動画を載せました。

2012/06/11 ルネサンス・バロック音楽メニュー画面の下に作曲家の曲が選び易いように五十音順 作曲家 選択メニューを設けました。

2012/06/03 声楽曲対訳集にメンデルスゾーン:オラトリオ 「エリヤ」 全曲の歌詞対訳を載せました。

2012/05/08 バッハ声楽曲対訳集にカンタータ 第140番の対訳を載せました。

2012/05/07 バッハ声楽曲対訳集にカンタータ 第169番の対訳を載せました。

2012/05/06 バッハ声楽曲対訳集にカンタータ 第39番の対訳を更新しました。

2012/05/06 バッハ声楽曲対訳集にカンタータ 第131番の対訳を更新しました。

2012/05/05 バッハ声楽曲対訳集にカンタータ 第68番の対訳を載せました。

2012/05/04 バッハ声楽曲対訳集にカンタータ 第106番の対訳を載せました。

2012/05/03 バッハ声楽曲対訳集にモテット第2番の対訳を載せました。

2012/02/25 右のメニューに各国のフォークソング・民謡の動画を見るためのボタンを追加しました。

2012/04/16 このサイトの管理人Facebookへリンクをはりました。

2012/02/25 右のメニューに各国のフォークソング・民謡の動画を見るためのボタンを追加しました。

2011/12/20 一部動画のコンテンツ全体をページ中央に配置するようにしました。 

2011/11/25 「鳴海真希子さんの思い出」演奏会の動画をShadowbox.jsで視聴できるように改良してみました。

2011/11/12 ミサ曲ロ短調(指揮:コルボ)の選曲にドロップダウン・リストを採用してみました。

2011/11/02 最新の音楽情報を見やすくするためメニューカラムと入れ替え左側へ移しました。

2011/10/02 新着・更新音楽情報にサムネイル・ボタンを設けました。

2011/08/08 一部の声楽曲に歌詞対訳ボタンを設けました。

2011/06/23 Windows-7(32bit),Firefox 5で動作確認・・・OK

2011/06/23 Windows-Xp,Firefox 5で「音楽の森」の動作確認・・・OK

2011/04/24 音楽の森リンク集にバード:Beata Viscera バスの音取りを載せました。

2011/04/13 音楽の森リンク集に ヨハネ受難曲(初稿版)第1曲、第3曲、第5曲 バスの音取りを載せました。

2011/04/01 「鳴海真希子さんの思い出」にマタイ受難曲 第52曲 アリアの演奏会ビデオを載せました。

2011/03/30 「鳴海真希子さんの思い出」にマタイ受難曲 第6曲 アリアの演奏会ビデオを載せました。

2011/03/27 「鳴海真希子さんの思い出」にマタイ受難曲 第60曲 アリアの演奏会ビデオを載せました。

2011/03/22 トップページに東京J.S.バッハ合唱団 第20回定期演奏会のバナーを載せました。

2011/03/21 動画以外の情報(作曲者、曲名、解説等)を隠すためにOFFボタンをチャイコフスキー交響曲第5番 に設けてみました。

2011/03/09 Windows-Xp SP3, 最新版Google Chrome(10.0.648.127)で「音楽の森」の動作確認・・・OK

2011/03/09 Windows-7(32bit),最新版Google Chrome(10.0.648.127)で「音楽の森」の動作確認・・・OK

2011/02/11 Windows-7(32bit),IE-9(リリース候補版)で「音楽の森」の動作確認・・・OK トップページの立ち上がりがIE-8より早くなりました。

2011/02/01 バッハ声楽曲・歌詞対訳集にクリスマス・オラトリオの全曲(Ⅰ~Ⅵ)の対訳を載せました。

 
以前の更新履歴

クラシック音楽動画視聴サイト「音楽の森」について

このサイトはバッハ合唱団の元団員がバッハを中心としたクラシック音楽の名演奏を視聴いただけるよう2009年3月10日にBlogでなくHTMLエディターで作成し立ち上げました。
このサイトで視聴できる動画はYouTubeに公開されていて外部サイトに埋み込んで再生できる作品です。
クラシック音楽は古くから多くの作曲者が多くの曲を作っているのでこの膨大な曲を聴くために演奏の音源(CD、DVDやTAPE等)を揃えるのは大変ですがこのようなサイトでできるだけ多くの曲の演奏を手軽に試聴されるのも一つの方法かと思います。
ご視聴されたい曲は作曲家を「ルネサンス・バロック音楽」「バッハの声楽曲」「バッハの器楽曲」「古典派音楽」「ロマン派音楽」「国民楽派・その他の音楽」に大分類してある中から選び、曲の横に併記してあるいくつかの指揮者叉は演奏者を選択して視聴するようにしてあります。

 

このYouTubeまとめサイトの趣旨

1.バッハ合唱団はバッハが好きな人のバッハの曲を演奏する合唱団なので、どうしてもバッハの曲を聴く機会が増えてきます。私も在団中は練習を兼ねてほとんどバッハの曲を聴いていましたが退団後、バッハ以外の曲を聴くことが多くなりすばらしい曲がバッハ以外にもあることを改めて感じました。もったいない! また、他の作曲家の音楽を聴くことによりこれまでと違った新しいバッハの音楽を見出せます。
そのために、当サイトではバッハを含めできるだけ幅広く多くの作曲者の作品を動画で視聴できるようにしました。
このことにより、幅広く楽曲を聴くきっかけとなればこのサイトの意図する処です。
2.同じ曲を音楽誌、雑誌で著名な音楽の評論家や専門家によるとそれぞれ推薦する演奏が異なることが多く迷うことがあります。これらの推薦する演奏はその人の主観的な要素が多分に含まれていると思うので参考にしていくつかの演奏を聴きどの演奏がよいかはご自身で判断されるのが一番よいではないでしょうか。また同じ曲でも様々な演奏を聴くとそれぞれの演奏の特徴が分かり興味が湧いてきます。 そのために当サイトでは複数の演奏者または指揮者を選択してその演奏を聴き比べができるようにしてあります。



[アクセス・カウンター]
Since 10 March, 2009

MAIN MENU

 
 

ポスト 当サイトへのお問い合わせ、ご要望は
こちらのポストにて承っております。




inserted by FC2 system